TOP
2回目以降のご注文(ログイン)
製薬会社が開発『最新動物臨床栄養学』の和漢シリーズ
10分間無料相談。コロナ対策
期間中受付【平日11時〜16時】
自然の叡智を結集 51種の超薬膳レシピ

製薬会社と漢方薬店が日本人のために作った青汁 和漢青汁

陽性野菜&果物 ファイトケミカル 89種類和漢植物

製薬会社と漢方薬店が日本人のために作った和漢青汁 陽性野菜&果物 ファイトケミカル 89種類和漢植物
緑が濃いのに、すっ、と飲めるレモンジンジャー味
日本中に青汁ユーザーが急増中。でも、健康になれない本当の理由。
日本人に急増している冷え性 冷え性のタイプ 四肢末端型 下半身型 内臓型 全身型
低体温と陰性体質ご存知でしたか?
カラダを冷やす 青汁の原材料の多くは「極陰性」
青汁原料によく使用される大麦若葉天に向かて元気よく伸びる植物はカラダをひやす陰性食品が多くある。サトウキビはカラダを冷やすことで有名
野菜でも性質が大きく違う! 従来の青汁 陰 大麦若葉  和漢青汁 陽 ブロッコリー 陽 レンコン、大根の葉 陽 アスパラガス 陰性食品は血糖値を上げやすい、体を冷やす 陽性食品は血糖値を上げにくい、体を温める
一般的に青物野菜、果物は、種類によっては、体を冷やすデメリットがあります。
陰性食品と陽性食品の違い 
青汁のジレンマ 野菜で植物繊維をしっかり摂りたい。でも、カラダは冷やしたくない。
そもそも、冷えはなぜ、カラダ」に良くないの?冷えの7つのデメリット 体重コントロールが効きにくい、低体温による免疫力の低下、肌トラブルが起きやすい、顔色が悪くなる、深い眠りにつきづらい、暑がり、寒がり、体温調節(コントロールが効かない)
欧米人は、遺伝的に陽性体質が多い、日本人は約70%は陰性体質と言われている。従来青汁と新発想和漢青汁
温活野菜&温活果物が結集しました。オクラ アスパラガス ブロッコリー ブルーベリー
カラダを冷やさない和漢植物てんこ盛り
温活野菜をのむ、和漢植物をのむ。
温活野菜と和漢をのむ習慣へ。
カラダを温める圧倒的なファイトケミカルの力
体表的なファイトケミカルや栄養成分一覧
和漢植物名成分和漢植物名成分
アガリクスβグルカンチョウジオイゲノール
アマニα‐リノレン酸(オメガ3脂肪酸)朝鮮人参ギンセノシド
アムラβグルコガリン陳皮リモネン
アルギニンアミノ酸の一種DHADHA(オメガ3脂肪酸)
イチョウ葉テルペンラクトン田七人参サポニン
ウイキョウアネトール甜茶GOD型エラジタンニン
ウコンビサクロン当帰の葉フタライド
ウラジロガシカテコナールタンニン冬虫夏草βグルカン
蝦夷ウコギエレウテロシドドクダミクエルシトリン
大麦若葉SOD酵素杜仲の葉ゲニポシド酸
オリーブヒドロキシチロソールナツシロギクパルテライド
オルニチン遊離アミノ酸大棗(ナツメ)ジジフスサポニン
ガイヨウ1.8シオネール タンニン南蛮の毛シトステロール
ガジュツアズレンニンドウフラボン
カミツレビサボロールネトルリーフヒスタミン
カワラタケβグルカンノコギリヤシ脂肪酸(ラウリン酸)
キクイモイヌリンノニアルカロイド
菊の花ハラオリンバイキセイエルゴステロール
キダチアロエアロエニンハス胚芽ヘスペリジン
キバナオウギホルモノネチンハスの葉ヌシフェリン
ギムネマギムネマ酸八角リモネン
ギョクチクコンバラリン発酵グルコサミンアミノ酸の一種
グアバ茶グアバ茶ポリフェノールハトムギべニゾキサゾロン
枸杞の葉ベタインバナバ葉コロソリン酸
クコの実(ゴジベリー)ベタインハナビラタケβグルカン
クマザサリグニンバンカエラグ酸
クランベリープロアントシアニジンバンランコンルペオール
クロガリンダポリメトキシフラボノイドヒハツピペリン
桑の葉クエルセチンマロニルグルコシド枇杷の葉アミグダリン
ケイケットウフェノールプロポリスフラボノイド
ケイヒオイゲオール紅花(ベニバナ)カルタミン
ゴカヒイソフラキシジンマイタケビチオン
ザイレリアアミノ酸マタタビメントン
サラシアサラシノール、コタノール紫イペナイアシン
サンザシオレアノール酸メシマコブβグルカン
サンシシゲニポシド山芋グルコマンナン
ジャーマンカモミールルテオリンヤマブシタケβグルカン
ジャバラナリルチンユーグレナβグルカンの一種
生姜(ショウガ)ショウガオール(加熱)吉野葛イソフラボノイド
白きくらげ酸性へテロ多糖体ヨモギクロロフィル
スギナクロロフィルライフクシフェニルプロパノイド
タモギダケエルゴチオネイン霊芝ガノレリン酸
タラコンピポリフェノールレンセンソウヌシフェリン
ダンデライオン
(西洋タンポポ)
イヌリンローズレッドペダルオイゲニン
チャーガβグルカン      

和漢植物名成分
アガリクスβグルカン
チョウジオイゲノール
アマニα‐リノレン酸(オメガ3脂肪酸)
朝鮮人参ギンセノシド
アムラβグルコガリン
陳皮リモネン
アルギニンアミノ酸
DHADHA(オメガ3脂肪酸)
イチョウ葉テルペンラクトン
田七人参パナキサトリオール
ウイキョウアネトール
甜茶カテキン
ウコンビサクロン
当帰の葉フェノール
ウラジロガシカテコナールタンニン
冬虫夏草βグルカン
蝦夷ウコギエレウテロシド
ドクダミクエルシトリン
大麦若葉グルコイソビテキシン
杜仲の葉ゲニポシド酸
オリーブヒドロキシチロソール
ナツシロギクパルテライド
オルニチンアミノ酸
大棗(ナツメ)ジジフスサポニン
ガイヨウ1.8シオネール
南蛮の毛シトステロール
ガジュツシオネール
ニンドウフラボン
カミツレビサボロール
ネトルリーフヒスタミン
カワラタケβグルカン
ノコギリヤシイソフラボン
キクイモイヌリン
ノニアルカロイド
菊の花ハラオリン
バイキセイエルゴステロール
キダチアロエアロエニン
ハス胚芽ヘスペリジン
キバナオウギホルモノネチン
ハスの葉ヌシフェリン
ギムネマギムネマ酸
八角リモネン
ギョクチクコンバラリン
発酵グルコサミンアミノ酸
グアバ茶グアバ茶ポリフェノール
ハトムギコイクセラノイド
枸杞の葉ベタイン
バナバ葉コロソリン酸
クコの実(ゴジベリー)ゼアキサンチン
ハナビラタケβグルカン
クマザサリグニン
バンカエラグ酸
クランベリープロアントシアニジン
バンランコンルペオール
クロガリンダポリメトキシフラボノイド
ヒハツピペリン
桑の葉クエルセチンマロニルグルコシド
枇杷の葉アミグダリン
ケイケットウフェノール
プロポリスフラボノイド
ケイヒオイゲオール
ベニバナカルタミン
ゴカヒイソフラキシジン
マイタケビチオン
ザイレリアアミノ酸
マタタビメントン
サラシアサラシノール
紫イペナイアシン
サンザシオレアノール酸
メシマコブβグルカン
サンシシゲニポシド
山芋グルコマンナン
ジャーマンカモミールルテオリン
ヤマブシタケβグルカン
ジャバラナリルチン
ユーグレナパラミロン
生姜(ショウガ)ショウガオール(加熱)
吉野葛イソフラボノイド
白きくらげβグルカン
ヨモギクロロフィル
スギナクロロフィル
ライフクシフェニルプロパノイド
タモギダケエルゴチオネイン
霊芝ガノレリン酸
タラコンピポリフェノール
レンセンソウヌシフェリン
ダンデライオン
(西洋タンポポ)
イヌリン
ローズレッドペダルオイゲニン
チャーガβグルカン

ホットもあいすもいい。ミルク青汁を堪能しませんか?
粉末をいれるだけ、和漢青汁応用レシピ 和漢青汁スープ 和漢青汁スパケティー 和漢青汁カレー 和漢青汁ホットケーキ 和漢青汁ヨーグルト 和漢青汁ブレッド
野菜が苦手な方、お子様にも、様々なアレンジがききます。
監修 日野泰秀 青物野菜は、冷えの元凶だから…女性でも美味しくて、安心して飲める和漢をプラスした「温め習慣ドリンク」です。 
爽快レモン&ジンジャー味で飲みやすいもう、冷えをつくらせない。製薬会社と漢方薬店が日本人のためにつくった和漢と青野菜の濃厚パウダー
水に溶かすだけで、即、完成。
和漢青汁、飲んでみました。体験談
青汁を毎日、飲む習慣は難しい?いいえ。そんなことはありません。
毎日摂れる圧倒的な和漢素材
和漢青汁に関したよくある質問
和漢青汁の詳細
製薬会社と漢方薬店が日本人のために作った青汁 和漢青汁
和漢青汁の1袋 和漢青汁のまとめ買い 和漢青汁の購入プラン
和漢青汁の1袋 和漢青汁のまとめ買い 和漢青汁の購入プラン





上へ
購入プ
ランへ▼